治療症例

スマートフォン専用サイト【自動転送】

インプラント情報ネットワーク

camlog カムログバイオテクノロジー社 患者様向け情報

インプラント

インプラント歯は、目で見える部分の歯と、それを支える歯根から成り立っています。 歯を失うということは、それを支えている歯根も失ってしまうということです。

歯を1本失った場合、両隣の健康な歯を削って
人工の歯をかぶせます。これが、ブリッジと呼ばれる治療法です。
奥に歯がない場合、金属製のバネで入れ歯を支えます。
噛むという行為は、想像以上に強い力を、歯とあごにかけています
(奥歯1本にかかる荷重は、その人の体重にほぼ等しいと言われます)。
ブリッジでは、1本あたりにかかる荷重は約1.5倍になります。

削られた歯は傷みやすく、この歯がだめになってしまうと、
さらに広い範囲のブリッジに作り直さなければなりません。

ブリッジの欠点をカバーできる治療法 インプラント

インプラント歯根がない部分の骨は、噛むことによって得られる刺激がないために次第に痩せていきます。また、残っている歯根が移動してしまうため、ぴったり合わせて作った義歯は次第に合わなくなり、何度も作り直す必要が出てきます。

失われた歯根の部分にチタン製の歯根を埋め込んで義歯の支えと
するのが、今日行われているインプラント(人工歯根)療法です。

この治療法では、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。
あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができることから、
骨の変形も少なくなることが知られています。

当院のインプラントは、スイス・カムログバイオテクノロジー社の高品質なインプラントシステムを採用しております。

camlog カムログバイオテクノロジー社 患者様向け情報

歯とインプラントとは

インプラント治療とは、これまで入れ歯やブリッジでしか対応の出来なかった歯を失った部分に、天然歯の根の部分の代わりをする人工歯根を入れて、再び噛む機能を回復させる治療のことです。
入れ歯では噛むことが難しかったものも噛めるようになります。
入れ歯のように取り外す必要がなくなり、人前でも口元を気にせず、食事やおしゃべりが楽しく出来るようになります。
インプラント治療は、お口の中の機能回復と自然な審美性を追求した新しい治療法です。

インプラント手術の手順

インプラント

奥歯が1本抜けてしまった状態です。従来はブリッジや入れ歯で治療していましたが、それでは残っている歯に負担がかかったり、傷つけたりしてしまいます。

インプラント

残っている歯のために、インプラント治療を選びました。まず、歯が抜けてしまったところに、インプラントを植え込むためのスペースをつくります。

インプラント

インプラントを植え込むためのスペースに、もともとあった歯の形に合わせたインプラントを植え込みます。

インプラント

インプラントを植え込んだら、歯肉で蓋をして約3ヶ月〜6ヶ月待ちます。この期間を治癒期間と呼び、この間にインプラントが顎の骨と一体になります。

インプラント

インプラントと顎の骨が一体になったら、インプラントに支台装置を取り付けて人工の歯をかぶせます。

インプラント

インプラントによる補綴(歯の再建)処置が完成した状態です。歯があったときと同じ感覚が回復します。残っている歯の状態も良くなります。

 

インプラントの利点と欠点 / 歯医者さんの仕事

歯医者さんの仕事は時としてお口の中の建築家です。歯はその中の建築物です。その目的は固い物を砕く、ちぎる、切る、と言うことになります。また、時には町の審美的な美しさも奏でることとなります。
建築物はしっかりとした土台の上になければなりません。口の中では歯槽骨と言うことになります。それがゆるんでくる病気になることを歯周炎と言います。歯科医師は土台の管理、建物の管理、またその修復を行っているのです。
建物は時として壊れることもあります。たとえば虫歯、外傷、これは交通事故や、石を噛んだりしたときなどです。歯科医師はそれを修理し、修復して機能さ せていくのです。お口の中を修理、修復、いわゆる治療することで、口だけではなく本来の目的である患者様のお口の中の健康、そしてこのことは心の健康、患 者様の全身管理へとつながっていくのです。

歯について

―― 口の中で歯は一人ではいられない

人間は調和の中で生活していると思います。人は町を作り、国を作り暮らしています。人間の口の中も一つの町なのです。歯はその中の建造物です。それには 機能があります。町は時として工事が必要です。渋滞があったり公害があったり、時としてその機能を失う時があります。しかしお互いが助けあり寄り添いその 機能を調和させているのです。機能を発揮するためには周囲との調和が必要なのです。歯は建物と同じように周囲との調和を必要とします。お互いに助け合い、 支え合ったりして調和しているのです。

歯を失うこと

歯科医師は必要と判断して時として歯を抜くことがあります。それは口の中でその歯が機能できなかったり、機能させるために十分な強度がなかったり、またその地盤が悪かったりして保存できないときに行います。
建物には寿命あります。定期的なメンテナンス、修理、修繕が必要です。歯もそうです。しかしそれには限度があり、その限界を超えたときに歯を抜くこととなります。

歯を失った後

歯を失ったあと、何らかの形で治療をしていかないと歯は移動してしまいます。それは調和が崩れたためにおこりま す。歯を抜いた後は、そこはひとまず傷ができます。建物が壊れた後、きちんと撤去しないと荒れ果ててしまいます。きちんと片付けないと、きちんと治らない のです。土地もきちんと整理しておかないと、また新たな建築物はできないのです。

失った後の治療

整理された土地には、また新たな建築物ができあがります。そして町が復活します。
荒れ果てた土地には大きな開発が必要です。それは町をも変えてしまうこともあります。いわゆる総義歯などがそうです。一般的に失った箇所を作るには、通 常の歯科治療ではブリッジが使用されます。いわゆる橋です。また大きな欠損には、義歯コンビナートのような物です。これらを用いて周囲と調和をはかりま す。しかしそこには大きな欠点があって、力学的計算や今後の予後についての検討が行われていないのです。

インプラントの利点

インプラントの治療は周囲の組織との調和を中心に治療を考えていきます。それは歯も含みます、その中一番大切なのは長期予後、また、その成功率です。
この長期予後成功率を高めるためには、建築でいえば土地の改良、設計物の強度、耐久性、また予後までを含めて考えて行かなければなりません。口腔内で言 えば全身状態、歯周治療、欠損補綴を総合的に考え、術前準備から、十分な強度、力学的な計算、そして長期安定予後を推測できる治療法なのです。

 

インプラントの利点と欠点 / 従来の治療法との比較

歯を一本失った場合

通常の治療

失った両隣の健康な歯を削りブリッジにします。

インプラント

利点
短期に治療が可能。健康保険が適応される場合がある。

欠点
これではまず健康な歯を削ってしまいます。これは健康な歯を削るだけではなく歯の一番固いところを失うことになります。また削った歯は神経があればしみたり、時には平行性などブリッジに適応できない場合神経を除去しなければなりません。神経を除去することにより歯自身が弱くなってしまいます。
力学的には3つの歯を2つの歯で支えるためには、応力に対する対応は難しくなります。また計算式などは存在しないので、かんや経験を中心に設計を行わなければなりません。

インプラント治療
インプラント

利点
失った部位だけをインプラントにて埋めます、健康な歯には傷を付けません。
また力学的両隣の歯はそのまま無くなった歯のみを直接骨に力を加えるため、力学的な負担を歯に加えることがありません。このことは長期予後にもつながって行くと考えられます。

欠点
外科的手術が必要であること、また、金額的に健康保険適応外であるためある程度の負担がひつようです。治療に対してはインプラント治療とし4ヶ月くらいの期間が必要なことなどが考えられます。

歯をたくさん失った場合

通常の治療

健康な歯に金属のバネをかけて入れ歯を固定します。

インプラント

利点
短期に治療が可能。健康保険が適応される場合がある。

欠点
違和感あります。またバネをかけた歯にも負担がかかり長期的には歯が割れたり動いたりしてきます。審美的にも明らかに入れ歯の存在を見せてしまいます。

インプラント治療
インプラント

利点
失った部位だけをインプラントにて埋めます、健康な歯には傷を付けません。
また力学的両隣の歯はそのまま無くなった歯のみを直接骨に力を加えるため、力学的な負担を歯に加えることがありません。欠損した歯の本数だけインプラン トを設定します。またインプラントのサイズはその状況によって変化させます。本数を増やすことで力を分散させます。一つの歯に一つのインプラントを用いる ことで審美的、良好な長期予後にもつながって行くと考えられます。隣の歯を抜いてしまうことや、傷つけることも少なく治療が可能です。

欠点
外科的手術が必要であること、また、金額的に健康保険適応外であるためある程度の負担がひつようです。必要に応じて術前の骨の精査や術前準備のための手術が必要です、また、インプラント治療としてある程度の期間が必要なことなどが考えられます。

歯をすべて失った場合

通常の治療

総義歯 歯と歯肉との吸着力で支えています。

インプラント

利点
短期に治療が可能。健康保険が適応される場合ある。

欠点
ガタを起こし易く、味覚も損なわれます。動くことから歯肉を痛めたりします。

インプラント治療
インプラント

利点
インプラントで顎にしっかり固定されるためガタ付きが無く安定します。
上記のように歯を作る場合と入れ歯の固定源として、インプラントを使用することができます。

欠点
外科的手術が必要であること、また、金額的に健康保険適応外であるためある程度の負担がひつようです。必要に応じて術前の骨の精査や術前準備のための手術 が必要です、また、インプラント治療としてある程度の期間が必要なことなどが考えられます。審美的には義歯の場合大きな変化としては認められない。

 

インプラントのQ&A

:誰でも出来るのでしょうか?
:通常、年齢的には成長期が終わってからが対象となります。また、健康であれば年齢に特に上限はありません。糖尿病などの全身性の疾患がある場合は状況によって異なりますので、先生にご相談ください。
:手術が嫌なのですが。
:インプラントは専用の器具で精密に外科処置をしますので、一般的には歯を抜くよりもあとの治りが良好です。
:治療が終わるまで、どれくらいの期間がかかるのですか?
:インプラントを骨に埋める処置をしてから、一般的には3ヶ月から6ヶ月待ちます。その後、人工の歯の台になる部分をインプラントに繋ぐ処置をして、数週間待ってから最終的な人工の歯が入ることになります。
:自分の歯のように噛めるのですか?
:はい。インプラントはあごの骨にしっかり結合し、その上に人工の歯が連結されますので違和感がなく、ほとんど自分の歯と同じ感覚がよみがえります。
:インプラントの寿命は?
:インプラントは人体との親和性に優れ、腐食しにくいチタン素材を使用していますが、治療後の清掃を怠りますと天然の歯と同様に歯槽膿漏になり抜け落ちるこ ともあります。インプラント治療を受けた方は、特に口の中の衛生状態に気をつけ、定期的に検診を受けることが長持ちさせる秘訣です。
:費用はどれくらい?
:インプラント治療は、健康保険が適応されていません。通常自費診療となってしまいます。通常は一本のインプラントの治療を行うごとに設定し、30万円ぐら いから50万円ぐらいと幅があります。また、骨の状態によっても手術方法が異なるため、金額は変化します。治療方法や術式により変化するため、主治医と十 分な検討が必要です。
:血糖値が高いのですが、IMPLANTにする事は可能ですか?
:糖尿病に関しては内科医と相談が必要です。きちんとコントロール可能であれば、感染予防を行い治療は可能です。
:何本も一緒に埋め込むことは可能ですか?
:基本的には、局所麻酔の時間内であれば制限はありません。しかし、一般的には3本位を一度に行うのが良いかと思います。麻酔法の変更を行えば、いろいろな方法があります。
:手術はどの位時間が掛かりますか?
:平均的に一時間〜二時間以内で行うのが良いと思われます。
:手術の予後について、成功率はどうですか?
:インプラントの手術は上顎では95%、下顎では98%となっています。いずれにせよ100%ではありません。手術には何らかのリスクがあります。整理された環境でも難しい場合もあります。熟練した術者、環境、診査、診断、治療が必要です。
:埋め込んだ後、何か注意する事は有りますか?
:感染予防のため、抗菌剤の投与が行われます。また処置の後は、なるべく体を安静にしておいてください。
:昔入れたIMPLANTの調子が悪いのですが?
:どのようなインプラントが埋入されているかによって、調整可能であるか、修理可能であるかを診断します。基本的に、骨にインテグレーションしているなら使用可能だと考えます。診査、診断が大切です。

当院のインプラントは、スイス・カムログバイオテクノロジー社の高品質なインプラントシステムを採用しております。

camlog カムログバイオテクノロジー社 患者様向け情報